火災保険のメリット・デメリット!保険申請の前に確認を

火災保険のメリット・デメリット!保険申請の前に確認を
火災保険のメリットとデメリットとは?

火災だけではなく台風や大雪など自然災害によって建物が受けた被害も補償してくれる火災保険。加入している方は多いものの、自然災害で受けた被害に保険を使おうとする方はまだまだ少ないのが現状です。

今回は火災保険を利用する上での知っておくべきメリットとデメリットをご紹介いたします。今後、保険金を請求してみたいと思っている方は参考にしてください。

火災保険のメリット

火災保険を利用するメリット

ここでは火災保険を利用するメリットを3つご紹介します。
火災保険に加入中の方でも知らないことが多いので、損をしないためにもメリットはしっかりと把握しておきたいですね。

①自然災害で受けた被害にも使える!

冒頭でも少し書きましたが、火災保険は火災により受けた損害だけではなく、自然災害によって建物が受けた被害についても補償しています。意外と知られていませんが、これも火災保険の大きなメリットだと言えるでしょう。

「本当に自然災害も補償されるの?」と思われている方も多いかも知れませんが、これは保険会社のパンフレットにもしっかりと記載されています。

▼損保ジャパン日本興亜「THE すまいの保険」▼
損保ジャパンパンフレット

画像元:損保ジャパン日本興亜

自然災害による補償内容
  • 【風災】…台風、強風、突風の被害
  • 【雪災】…大雪による積雪の被害
  • 【水災】…洪水、土砂災害の被害

このような自然災害によって屋根や雨どいが損害を受けた場合や、洪水や土砂災害で家が流されたり床上浸水した場合には火災保険が適用されます。他にも、落雷によって家屋が損傷した場合にも火災保険が適用されます。

注意点ですが、ご加入中の保険会社やプランによって補償内容が異なることがございますので、ご自分のご契約内容をこの機会に確認しておきましょう。

②何度申請しても保険料は上がらない

火災保険の最大のメリットは何度使用しても保険料が上がらないということです。自動車保険であれば保険を使用すると等級が下がり保険料が上がってしまうというデメリットがありますが、火災保険には等級制度がありません

そもそも自動車保険における等級というものは事故の過失割合により変動するものであり、災害や突発的な事故により受けた被害を補償する火災保険には無縁であると言えます。よって火災保険は何度申請しても保険料は変動しないというメリットを持っているのです。

更に詳しく知りたい方は「火災保険の保険料は請求しても上がらない?」ご覧ください。

③過去3年まで遡って申請が可能

更に火災保険は過去3年以内であれば過去に受けた被害について申請を出すことも可能です。修繕済みだった場合も修繕前の写真や罹災証明書などで被害が証明できれば保険金を請求することができます。

もちろん保険契約期間中に受けた損害に限りますが「当時は火災保険の知識がなかったため見過ごしていた損害」なども補償を受けることができます。「2年前の台風の被害だから…」「去年の大雪の被害だから…」という方も保険が適用される可能性はありますので、諦めずに申請してみることをおすすめします。

関連記事:火災保険の請求期限は3年!?保険の請求はお早めに

火災保険のデメリット

火災保険を利用するデメリット

ここでは火災保険のデメリットを3つご紹介します。メリットの多い火災保険ではありますが、デメリットもありますので、火災保険の申請を考えている方はしっかりと把握しておくことをおすすめします。

①申請が煩雑…

火災保険のデメリットとしてまず挙げられるのは、申請が煩雑であることです。

保険申請に被災箇所の調査を行い、書類や写真で保険会社に伝えることが重要となります。また、場合によっては保険会社から修理費用の見積りを取るように言われることもあります。

被災箇所が屋根や雨どいなど高い場所だった場合、一般の方が屋根に登って損害状況を確認することは危険を伴います。更に、気づかないうちに被災していた場合は、いつ、どんな自然災害に遭ったのかを特定しなければなりません。

特に雨漏りは原因を特定するのがプロでも難しいことが多く、自分で雨漏りの原因を特定することは非常に困難だと言えます。

個人でも保険申請はできないことはないですが、このように、個人での保険申請は簡単ではないでしょう。

②いい加減に申請すると疑われる可能性も

個人で保険申請をする場合、いつ、どのような原因で家が破損したのか分からないことがあります。分からないからと言って、いい加減に被災日や原因を申請してしまうと「虚偽の申請ではないか」「故意にやったのではないか」と疑われる可能性があります。

そのため、保険申請では被災日や被災箇所を的確に保険会社に伝えることが重要です。

③地震の被害には使えない

地震よって受けた被害に対しては火災保険では補償されず、地震保険でしか補償されません。

例えば、地震発生後に二次災害として火災が起きた場合です。火災なのだから火災保険で補償されると思われている方も多いようですが、地震が原因の火災は地震保険でのみ補償されます。

火災保険に入っているから地震で家が壊れても大丈夫!と安心するのは大間違いです。ご存知の方も多いと思いますが、地震の被害では火災保険は全く使えませんのでご注意ください。

火災保険レスキューにお任せください

このように火災保険には何度使用しても問題ないにも限らず、それが実行しにくいという現状があります。かと言って損害を受けたにも関わらず火災保険を利用しないのは非常に勿体無いことですし、保険料を支払っている被保険者が損をしていることになってしまいます。

しかし火災保険レスキューにお任せいただければ問題ありません。保険申請のノウハウを持ったプロが無料調査・保険申請を行うことで適切な保険金額を受け取ることが可能です。

また、損害箇所の修繕工事も下りた保険金の金額内で行いますので、お客様に金銭的な負担はございません。家屋の損害でお困りの方は電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

適切な保険金請求出来ていますか?

CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

最新コンテンツカテゴリの最新記事