住宅ローンと火災保険

住宅ローンと火災保険

マイホームを購入する際に住宅ローンを利用すると火災保険への加入が求められることがほとんどです。このとき火災保険への理解が十分にあれば問題ありませんが「言われるがまま流されて契約した」という方が多いのではないでしょうか。火災保険はあなたの生活と住宅を守る大切な保険です。今後のためにも、住宅ローンと火災保険の関係性についてご説明します。

なぜ火災保険への加入が必須なのか?

賃貸住宅を借りるときも同様ですが、住宅ローンを組むときに火災保険への加入は必須とされています。賃貸だと借り物に対する原状回復義務が課せられるので理解できますが、対象がマイホームの場合「自分の家なのになぜ強制されるのか?」と疑問に思う声も見受けられます。

住宅ローンと火災保険

では、住宅ローンの返済中に火事で家が全焼してしまったとします。当然せっかくのマイホームは住めなくなってしまい、家の再建や賃貸住宅を借りるなどの選択が必要になります。それだけでも大変なことですが、購入した家が機能しなくなったとしても住宅ローンの返済は続くのです。新しい家探しや当面の住居の確保など問題が山積みの中、ローンの返済もしなければいけない過酷な状況に陥ってしまいます。ローン返済が滞ると銀行などの金融機関も貸したお金が戻らず悪循環です。

住宅ローンと火災保険

しかし火災保険に加入していれば全焼した家の保険金を受け取ることができます。新しい住居の費用に充てることができますしローン返済も続けることが出来るので、全て元通りとはいかずとも最悪の状況は免れることが出来るのです。

質権設定とは?

保険に関する文面で質権という言葉を見かけたことはないでしょうか。質権設定を簡単に説明いたしますと何らかの災害・事故により債務者(お金を借りている人)が支払い能力を失ったときに、受け取った保険金を優先的に金融機関の返済に充てなければいけないという内容です。つまり、質権が設定されている場合は住宅ローンの返済を優先的に行わなければいけません

以前はこの質権設定をすることが強制でしたが、近年では任意にしている金融機関が増えています。

ご契約内容の見直しを

流されて」「なんとなく」加入している火災保険はご契約内容に穴がある可能性があります。例を挙げると家財に保険をかけていない災害リスクと補償内容が一致していないなど、いざというときに補償を受けることが出来なければ火災保険の意味がありません。「火災保険に加入しているけど内容はよく分からない…」という方は、お早めにご契約内容の見直しをすることをおすすめします。

適切な保険金請求出来ていますか?

CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

最新コンテンツカテゴリの最新記事