火災保険、水災補償の見直しを

火災保険、水災補償の見直しを

気象変動の影響により年々増えている水災。水災による被害は火災保険で補償される可能性があることは、このブログで何度もお伝えしてきました。しかし、いまだうまく活用されていない方もいらっしゃるので、水災が起こりうる9月を前に、改めて、火災保険と水災についてご紹介します。また、火災保険に水災補償をつけるべき地域と、そうでない地域があるので、保険の見直しに役立てていただければ幸いです。

■水災とは

水災とは雨によって起きる災害のことです。大きく分けて3つの種類があります。それぞれを見てみましょう。

・洪水

大雨や台風などにより河川の水量が急激に増加したり、道路の排水が追いつかず水があふれ出て、建物や家財に一定以上の損害が起きること

・高潮

強風や発達した低気圧などにより海水面が異常に高まり、防波堤などを超えて陸地に海水が流れ込み、建物や家財に一定以上の損害が起きること

・土砂崩れ

大雨や集中豪雨などにより、山の斜面や崖などの地盤がゆるくなり、崩れ落ちて、建物や家財に一定以上の損害が起きること

夏の終わりにはゲリラ豪雨が起こりやすく、水災が起きやすい時期です。今からしっかり備えるようにしましょう。

■水災と間違われやすいもの

水道管が破裂し、室内が水浸しになった場合は水災に当たりませんし、もちろん、保険が適応されません。また、地震による津波や土砂災害も水災には当たりません。しかし、火災保険ではこれらの被害を補償しているオールインタイプの火災保険があるので、今契約している火災保険を確認しましょう。

■ 火災保険における水災の補償条件

水没した家

一般的な火災保険においての支払条件はこちらです。

  • ・建物、家財それぞれの時価の30%以上の損害を受けた場合
  • ・床上浸水または地盤面から45㎝を超えて浸水した場合
  • 各保険会社によって補償条件は違うので、上記の条件を基準にして、今加入している火災保険を確認すると良いでしょう。特に水災の起きやすい地域では支払い条件をしっかり確認して、適した保険を選ぶようにしましょう。

    ■ 水災補償が必要な建物とは

    最高水位-波-銀行-注入する-シュトルーデル-危険-渦

    水災の補償は火災保険すべてに付いているものではありません。自ら選んで付加する必要があるタイプもあるので、自分の地域が水災に遭いやすい地域かどうかを調べて、適切に付加することが大切です。

    例えば、海や河川に近い地域では水災に遭いやすいので、迷わず水災補償をつけると良いでしょう。また、崖や山間の地域では土砂崩れの可能性が高まりますので、水災補償をご検討ください。
    一方で、市街地にあるマンションの高層階は、浸水の被害が受けにくいので、水災補償を付加する必要はありません。

    住んでいる地域がどのような災害に遭いやすいかを自治体のハザードマップなどで確認しておくと良いでしょう。ハザードマップでは自然災害の種類ごとに作成されているので、今住んでいる地域のリスクを事前に知ることができます。火災保険ではその結果に応じた補償をつけると良いでしょう。

    ■水災は当社にお任せください!

    浸水などの水災の被害に遭ったという方は、おウチの専属秘書へご連絡ください。その被害が火災保険で補償できるかどうか、プロフェッショナルな業者により調査いたします。

    調査の結果、火災保険が適用される可能性がある場合は、保険の申請から工事業者の手配まで一貫して責任を持って担当させていただきます。万が一、保険が適用されなくても、調査費用や出張費用などは一切いただいておりませんので、安心してご依頼くださいませ。

    適切な保険金請求出来ていますか?

    CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
    台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
    などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
    全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
    まずはお気軽にご相談下さい!

    最新コンテンツカテゴリの最新記事