いつどこへ避難すれば良い?避難指示と避難勧告の違い

いつどこへ避難すれば良い?避難指示と避難勧告の違い

大規模な災害が発生すると、自治体からニュース、ラジオ、防災アプリなど様々な媒体を通して避難が呼びかけられます。しかし自治体が出す指示には「避難準備情報」「避難勧告」「避難指示」の三種類があり、どの指示が出た段階で何をすればいいのかというのを把握している人はとても少数です。

本当に避難すべきときに適切な行動がとれるように、このページでは避難指示の違いと受け入れ先である避難所についての説明をいたします。

どのタイミングで避難すべき?避難指示の種類

どのタイミングで避難すべき?避難指示の種類

災害時には気象庁が注意報や警報を発令しますが、避難指示は先ほども述べた通り各自治体が発令します。危険度の低いものから順に「避難指示」「避難勧告」「避難指示」となっており、それぞれでやるべきことが変わってきます。では順番にご説明していきましょう。

避難準備情報

これは災害により人的被害が発生することが予測され、避難に向けて準備をしておくべき状況に発令されます。この時点では避難を強要する内容ではありませんが、避難に時間を要する要配慮者(乳幼児や高齢者、身体的な障がいをお持ちの方など)はこの時点で避難をしておくことが求められます。

とるべき行動

通常避難が可能な方も、避難が指示されていないからと言って油断してはいけません。いつでも避難に移れるように避難所の位置確認、非常用持ち出し袋の用意、家族への連絡などを事前に済ませておき、気象情報から目を離さないでください。

避難勧告

避難勧告は人的被害が出る危険性が高まっている状況で発令されます。発令された地域は通常避難が可能な方も避難をする段階です。しかし強制性はなく、避難はあくまで住民の自主性に任せられます。

とるべき行動

場合によっては避難が困難な状況になりかねないため、速やかに避難してください。もしこの時点で避難していない要配慮者がいたのならば出来るだけ早急に避難行動に移し、避難所または避難場所へ向かい身の安全を守りましょう。

避難指示

災害の現象が切迫し、人的被害が発生する危険性が非常に高いと判断された際に発令されます。堤防が近くにあるなど地域性による災害リスクから判断されることも。またすでに被害が出始めているという状況下でも発令されます。

発令された場合は迅速に避難すべきと定められていますが厳密な罰則はありません。しかし避難指示より上の段階は存在しないため避難指示は最上位の警告であると覚えておきましょう。

とるべき行動

避難行動中の方は速やかに避難所まで急ぎましょう。もし避難行動をするにも危険な状況に差し迫り、避難までかなりの時間を要すると判断した場合は無理に動き回るのは危険です。命を守ることを第一に、自宅の2階やマンションの屋上などに避難して救助を待ちましょう。

どこに避難すべき?避難所と避難場所の違い

災害時に身を寄せることのできる避難所ですが、「避難所」と「避難場所」は異なるということをご存知ですか?簡単にご説明すると避難所は一時的に生活を送ることのできる屋内施設、避難場所は災害時に身を守るための屋外のスペースです。

万が一のときに混乱しないように、様々な言葉で表現される避難所の種類を知っておきましょう。

指定避難所

避難所

指定避難所は災害時に家に帰れない人々が身を寄せて一定期間寝泊りすることが出来る施設を指します。一般的には小学校・中学校の体育館や公民館などの市民センターが指定されており、非常食や毛布などの最低限の備蓄が用意されています。

「避難所」と言われた場合はこの指定避難所を指すと思って良いでしょう。

福祉避難所

高齢者や身体に障がいを持つ要配慮者は、指定避難所での生活が困難と見なされれば福祉避難所への移動が認められます。福祉避難所は「バリアフリーであること」や「支援者をより確保しやすい施設」ということをポイントに、主に指定避難所や福祉施設、保健センター、特別支援学校、宿泊施設などから選定されます。

一時避難場所

避難場所

災害時に避難所まで行き着くことが難しい場合は一時避難場所に身を寄せましょう。一般的な避難場所としては公園や空き地など小規模な広場が指定されます。一時避難場所は一定の条件を満たさなければ指定されませんが、災害の種類によって場所が異なる場合があります。お近くの避難場所は要チェックしておきましょう。

自治体によっては緊急避難場所、地区避難所などと記されることもあります。

広域避難場所

広域避難場所は地震火災などで地域全体が危険になったときに避難する場所と定義づけられています。大規模な公園や大学などが指定されていることがほとんどで、こちらも一時避難場所と同様に災害によって避難場所が変わることがあります。

いつ何が起きても避難できる意識を

いつ何が起きても避難できる意識を

災害はいつ私たちの生活を脅かすか分かりません。いつ何が起きても素早く身を守る行動ができるように、平時のときから避難行動についての知識を蓄えておきましょう。あらかじめ準備をしておくことで万が一のときに冷静に対応することができます。

避難所・避難場所の確認や非常用持ち出し袋の用意は今からでも準備することが可能です。また、家が災害による損害を受けた場合に補償を受けられる火災保険・地震保険の加入検討、または補償内容の見直しをしておくのも良いでしょう。

大災害が頻発する昨今、日本全体で防災意識を高める必要があると言えます。

適切な保険金請求出来ていますか?

CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

最新コンテンツカテゴリの最新記事