賃貸退去時の修理費用にも火災保険が使える!

賃貸退去時の修理費用にも火災保険が使える!

賃貸退去時の修理費用にも火災保険が使える!

賃貸物件に住んでいると様々なトラブルに直面することがあります。「大家さんが雨漏りを修理してくれない!」「住民がガラスを割った!」など揉めるケースがは沢山ありますが、最近は退去時にトラブルが発生するケースが増えているようです。今回はそんなときに頼りになる「借家人賠償責任補償」についてご説明します。

賃貸物件でありがちなトラブル

賃貸物件でありがちなトラブル

今まで住んでいた賃貸物件から引っ越しする際によく起きるのが「こことここが壊れているから○万円支払ってね」と大家さんから修理費用を請求されるトラブルです。確かに賃貸契約を交わすときに、賃借人には原状回復義務というものが課せられていますが、突然請求されても「引っ越しもあるのに…」と困ってしまう人もいるでしょう。

そもそも、賃借人はどこまで修理する必要があるのかという点ですが、フローリングのちょっとした凹みや外壁の傷など使用上の経年劣化と見なされる損害であれば賃借人が賠償する必要なないとされています。ところが明らかに何かをぶつけたような傷や、普通に使用していれば無かったであろう痕跡は賃借人の責任となってしまいます。しかしそれらの損害には意外なことに火災保険に付帯されている特約が利用できる可能性が高いのです。

借家人賠償責任補償を利用しよう!

賃貸契約を交わす際に多くの方が家財保険、そして借家人賠償責任補償への加入を求められたかと思います。借家人賠償補償とは、大家さんである貸主に対して賃借人に法的な賠償責任が発生する場合に適用されるものです。火災などの災害をはじめとし、水漏れや破損など補償範囲は多岐にわたり非常な便利な補償ですが、認知度が低いのか保険の請求漏れが非常に多くなっています。

多くの人々が何となく契約されていますが、この借家人賠償責任補償が適用されれば退去時の修繕費用をまかなうことができます。

修理費用特約とは?

修理費用特約とは?

賃貸物件で役立つ補償は、借家人賠償責任補償の他に「修理費用特約」というものもあります。借家人賠償責任補償と内容が似ているためか一層と認知度が低くなっていますが、こちらも賃貸契約の際に結ぶ保険契約にオプションとして組み込まれていることがあります。

借家人賠償責任補償は賠償責任が発生した場合に補償されますが、修理費用特約の場合は大家さんに対して賠償責任はないが、賃貸借契約に基いて賃借人が自己負担で修理を行ったときに適用されます。この二つは違いが分かりづらく曖昧なため、どちらが適用されるかは保険会社にお問い合わせしたほうが良いでしょう。

火災保険は使わないと損!

火災保険は申請自体は無料で何度しても保険料が上がることはありませんが、本来適用されるはずの損害に対する請求漏れは支払っている保険料が損になってしまいます。補償内容を理解して必要なときはしっかりと請求することが火災保険の正しい使い方です。

特約は保険会社により内容が様々で規定も異なるため一概には言えませんが、少しでも心当たりがある場合は問い合わせてみましょう。思わぬ出費をカバーできるかもしれません。

適切な保険金請求出来ていますか?

CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

最新コンテンツカテゴリの最新記事