神奈川県H様 軒天の剥がれ【30万円】

神奈川県H様 軒天の剥がれ【30万円】
30万円の保険金が下りました!

お客様情報

神奈川県 H様

保険適用箇所

台風による
軒天の剥がれ

建物の部位には様々な名称が付けられていますが、ほとんどの場合「聞いたことはあるけど、どの部分を指すのか分からない」という箇所が多いのではないでしょうか。今回ご紹介する神奈川県のH様宅もそのような箇所の一つ「軒天(のきてん)」に損傷が見られました。

軒天の剥がれ

軒天の剥がれ・浮き

H様のお宅に調査に伺ったところ、まず軒天の剥がれが目に飛び込んできました。しかも広い範囲で、剥がれと浮きが確認できます。調査の結果、なんと8ヵ所で軒天の剥がれが発生していました。築26年ということもあり、経年劣化の可能性も考えられますが、H様は「2015年の台風が原因かもしれない」と仰られています。

軒天の剥がれは明らかに建物に悪影響を及ぼす損傷であることが分かりますが、浮きは見たところあまり深刻に考えなくてもよさそうですよね。しかし浮きを放置していると、次に強風が吹いた時に飛ばされたり、大雨が降った時に隙間から雨水が浸入したりする危険性が格段に高くなるのです。このままでは見栄えが悪いだけでなく、やがて雨漏りが始まってしまいます。

鑑定の結果、軒天の剥がれの原因はH様が仰られていた通り、台風による被害の可能性があることが分かりました。他の箇所にも被害が出ていないかを調査させていただいたところ、幸いなことに軒天以外の箇所に被害はありませんでした。

軒天も自然災害のダメージを受けます!

軒天も自然災害のダメージを受けます!

軒天とは、屋根の裏側にあって外壁よりも外側に出ている箇所です。

普段はあまり気にする箇所ではありませんが、建物を下から見上げた時に真っ先に目に入る箇所です。そのため軒天に破損や剥がれがあると、建物の見た目が悪くなってしまいます。

一見すると軒天は屋根や軒に守られていて、自然災害の被害を受けにくい場所だと思われています。しかし意外と風雨のダメージを受けやすく、特に下から吹き上げる風に弱い部分です。そのため軒天でも火災保険が適用されるケースがありますので、少しでも気になる損傷がある方は、一度調査をご依頼ください。

軒天の被害や劣化の放置は危険!

軒天の被害や劣化の放置は危険!

軒天の役割は美観を保つことだけではなく、火災が起こった際に上に向かう炎を止める役割も担っています。もし軒天が破損したり、剥がれたりしていたら、炎が屋根裏に一気にまわり被害が拡大する要因になるのです。

また下から吹き込んだ雨水が屋根裏に浸入して、雨漏りの原因にもなることもあります。最悪の場合、建物内部の木材を腐食させ耐久性・耐震性が著しく低下した建物になってしまうため注意が必要です。

被害の放置は大変危険です。建物に少しでも異常を見つけたら、被害が拡大する前に早めに修理を行なうようにしましょう。

調査・申請・工事までお任せください!

調査・申請・工事までお任せください!

これから台風シーズンを迎え、お宅の軒天なども強風の被害に遭う可能性も十分に考えられます。もしそのような自然災害で、建物に被害を受けられた際は当サイトへご連絡ください。被害箇所に火災保険が適用されるかどうかを調査する優良業者を無料でご紹介しています。

調査の結果、保険が適用される可能性がある場合は、個人で行なうには煩雑な保険申請もバッチリサポート。また工事もお任せいただけますので、業者選びなどの面倒な手間が大幅に省けます。工事も下りた保険金内で実施するためお客様の金銭的なご負担は発生いたしません。

自費で修理するとなると高額になる建物修理を、火災保険を使ってお得に直しましょう。

適切な保険金請求出来ていますか?

CTA-IMAGE 保険金請求の事ならサイビーへ!
台風や積雪の被害で保険金を請求しようと保険会社に断られた!保険の請求方法が複雑で分からない!
などなど、サイビーには様々なお問い合わせが寄せられます!
全国のサイビー調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

火災保険が適用された事例カテゴリの最新記事